日本人の魂、ここにあり!

「被ばく線量最大、自分でいい」=難航、緊迫…―福島原発派遣の東京消防庁隊長
時事通信 3月24日(木)18時9分配信

 「被ばく線量の最大値が自分でよかった」。福島第1原発3号機への放水に参加した東京消防庁第3方面本部消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)の石井泰弘部隊長(47)が24日、時事通信の取材に応じ、緊迫した作業を語った。
 石井隊長は18日午後5時すぎ、周囲の放射線量を測定できる「特殊災害対策車」に乗り込み、先陣を切って敷地へ入った。放射線量の高い区域を調べ、放水車などの配置を決めるためだ。しかし、作業は難航した。水を吸い上げる予定の岸壁は崩壊し、別の地点からホースを伸ばす経路では、津波で横滑りした巨大タンクが行く手を遮る。隊員が屋外に出て、人力でホースを運ぶ方法も強いられた。
 石井隊長らはホース運搬部隊の被ばく線量を測定。隊員は胸に線量計を着用しているが、作業中は確認する余裕がない。「自分の被ばく線量が彼らとイコールになるよう常に付き添った」。息苦しいマスク越しに大声を出し、必死で数値を伝えた。
 「水が出たぞ」。無線機から一報が聞こえた。「その瞬間、『やった』という達成感があった。みんな同じ気持ちだったと思う」。全隊員の脱出を確認し、最後に敷地を出た。
 胸の線量計は、全隊員のうち最も高い「27ミリシーベルト」を示した。しかし、石井隊長は「自分でよかった」とほっとした。「自分の被ばく線量が最大ならば、隊員は自分より安全。それが我々のやり方だ」と話す。
 敷地への進入前、石井隊長は部下に問い掛けた。「かなり困難な活動になるが、いいのか」―。「やります」。弱音を吐いた隊員はいなかった。
 「素晴らしい隊員を持ち、誇りに思う。一人一人が日本のために頑張らなくては。命令があれば、また行く」。部隊は東京・渋谷の本部に戻った今も、次の派遣に備えて機材の整備を続ける。

福島原発事故の余波

中国の友人からの連絡で、東京の水道水が放射能で汚染されたと中国内のネットで大騒ぎになっているとのことであった。あれだけの事故なので、確かに影響はゼロであるはずはないが、東日本大震災当時から気になるのは、否定的な噂の流布が多いなということである。日本の政治が悪い(危機管理能力、緊急時対応力の欠如)のは分かっている、マスコミもどうしようもないのは分かっている。おそらく、世界中の人々が日本人はその事に気付いていないのではと思われるフシがあるのです。はっきり言って、日本人はみんな知っています。だからパニックが起きないという側面、おそらく日本人以外には理解のできない部分だと思う。日本人は政府が何かをしてくれると期待して、落ち着いているのではありません。日本と言う国、そこに住む人々は、何か事が起きれば、他の日本人が身を呈して助けてくれる(命懸けの原発復旧しかり、被災者の人命救助しかりです)ことを知っているからなのです。そして、我々は自分自身で情報を分析して判断をするすべを知っているのです。繰り返しになりますが、日本は凄い国です。政治や政治家の事ではありません。日本と言う国、そこに住む人々が凄いのです。反日本、反原発の連中がここぞとばかり誹謗、中傷、言われもない噂の流布を行っても、我々、日本人、日本に住む者には通用しません。YOSHI

シンガポールに戻ってきました。

シンガポールに戻ってきました。何事も無かったような日を過ごしています。日本はやっぱり凄い国です。でも、勘違いして欲しくない事、それは、日本という国、としてそこに暮らす人々であって、政治や政治家の事ではないと言う事です。日本の政治や政治家がどれだけ日本と言う国にそして日本人に甘えているかも、今回の出来事は教えてくれたように思います。YOSHI

日本にいます。

昨日、日本史上最大規模の地震がありました。震源地は一カ所では無く、散在しています。先日のニュージランドの地震から雲南省の地震まで、おそらく同じ理由に起因するのだと思います。東京都内では、ビルやマンションが大きく揺れ(当時、外にいました。ビルがあれだけ揺れるのは初めて見ました。倒れるのではと思ったくらいです)、公共の交通機関はほとんどマヒ。帰宅時間とも重なり、たくさんの人が徒歩で帰路についていました。人が集まる場所でもないのに、屋外であれだけたくさんの人が歩いているのは初めて見ました。東京って人が多いんだというのを改めて感じました。東北方面ではかなりの被害が今回発生しています。(家内の実家も一部倒壊しました。)電気も通っていないようです。ただ、驚いたのは、都内ではビルの倒壊もなく、また新幹線が一部動いていたのは日本の技術力の高さを証明したものだとも言えます。残念ながら、日本の政治的リスク、財政上のリスクに加え、巨大地震という自然災害上、最大のリスクが顕在化したことは否めません。YOSHI

シンガポールセミナー開催のお知らせ

<第60回丸の内スクエア・アカデミー開催のお知らせ>
  今回はシンガポールの現地でシンガポールでしか聞けない話、シンガポールでしか体験出来ないこと、そしてシンガポールでしかやれないことをやろうという丸の内スクエア現地セミナーをシンガポールのコンサルティング会社Intercounsel.org社の協力により開催致します。
 
<シンガポールの現地セミナー開催の理由>
 
 ご承知のとおりシンガポールは華僑経済圏の中心地であるのみならず、世界のバンキング・センターとして東京を遥かにしのぐインフラストラクチャーを整備しています。言語は全て英語であるため、そして法体系がCommon Lawの法体系であるため、あらゆるBanking取引に関する弁護士、会計士、Banker、そしてMonetary Structureが整っており、その整備の度合いは遥かに東京をしのぎます。また東京のような堅苦しい行政指導等もなく、世界のあらゆる種類の金融機関が軒並みシンガポールに集中しております。そのせいもあり、また同じ中国人という華僑経済圏の中心としての中国本土からの大量の資金の流入もあり、シンガポールは現在世界で最も世帯当たりの1億円相当額の現金を持っている人達の割合が多い国家に成長致しました。地下鉄や公共交通機関はあらゆる点に於いて世界最高レベルであり、また犯罪も東京よりは圧倒的に少なく、今や欧米人のRetirement Placeとしても非常に注目を集め、多くの欧米人が移住して来ております。

しかも日本とはほとんど時差がなく、非常にスムーズにコミュニケーションが出来ます。

しかもシンガポールはリー・クワンユー指導の下、立ち回りがうまく、大国中国及びインド及びイスラム、そしてユダヤに対しても非常に均等にバランス良く外交関係を築いております。例えば、シンガポール軍は全てイスラエル軍との共通整備であり、その軍事インフラストラクチャーはイスラエル軍そのものでありながら、隣のインドネシア諸国のイスラムともうまく付き合っており、シンガポール大統領はイスラム系の大統領を頂いております。ちなみにリー・クワンユーは華僑つまり中国人です。そして多くのインド人は場所の近さもありシンガポールに出て来て商売をしております。
 
日本では就職超氷河期が訪れ、大学を卒業しても3人に一人は就職が決まらないという惨憺たる経済情勢ですが、シンガポールでは新聞紙面に求人広告が溢れ、求人広告だけでも何十ページにもなる状況です。この彼我の違いはどこから来たのか? リー・クワンユーという偉大な指導者がいることが大きな理由の一つであり、日本は指導者が欠如しているということもこの惨憺たる状況を招いた一つであります。しかし我々日本には僅かな時間で3万円でシンガポールと往復出来るという地の利が日本にはあります。是非この際シンガポールでしか出来ないこと、見られないこと、行ってみなければ分からないことを丸の内スクエア・アカデミーで体験してみて下さい。
 
しかもシンガポールは格安航空券が発売されており、何と往復で29,000円。東京・大阪間の新幹線27,500円とほぼ同じです。従って、お金に換算した距離は全く国内移動と変わらないよりもむしろ安いと言えます。
 
日本の指導者は例えば最近の与謝野大臣の発言を見ても分かるように「今にも日本の国債は暴落するかも知れない」などという極めて愚鈍な発言をするなど、その政治体制(一国の頭脳)は惨憺たる状況にあります。
 
国債も格下げになったうえ、購買力平価GDPでインドに抜かれ、この1月には世界4位に転落した日本を日の出の勢いのシンガポールから見てみることもまた良い勉強になると思います。
 
 気候はいつ行っても暖かく、年中泳げるという南国の楽園でもあります。エスニック料理の多さからもハワイを遥かにしのぎます。
 
そこでこの際、日本経済の先行き等、あるいは日本国債の先行き等もあり、シンガポールでの現地投資セミナーをIntercounsel.orgとの共催で開催することになりました。このセミナーはシンガポールのコンサルティング会社Intercounsel.org社の全面的協力を得て行うものであります。奮ってご参加下さい。
 

<シンガポール現地セミナーの詳細>
日程
4月10日(日) 朝10時から夕方5時まで. シンガポール随一と言われる超高級マンションの見学。そしてカジノの見学。
4月11日(月)については、9時から13時30分までセミナー/レクチャー。ランチボックスを取りながら。その後現地の銀行にて銀行口座開設体験、及び人民元建て、その他の通貨建ての投資口座の開設、あるいはその他の人民元建てなどの投資商品の申込み。
 
集合
4月10日 パンパシフィック・ホテル。午前9時30分。ホテル・ロビー(石角完爾がお待ちしております)
 Pan Pacific Hotel Singapore
7 Raffles Boulevard, Marina Square, Singapore 039595
Tel: +65 6336 8111
Fax: +65 6339 1861
http://www.panpacific.com 
費用
丸の内スクエア・アカデミーメンバー 4万円。非会員 8万円。
Intercounsel.orgのMembership登録費用 3万円含む、4月11日のランチボックス代も含む。ホテル代、エアライン代、食事などは各自弁。
 
申し込み方法
e-mailでご連絡ください。
[email protected]
セミナー講師: 廣岡良博氏の略歴
1992年 Nomura Singapore LtdのExecutive Directorとなる。
1994年 シンガポール建国の父である、リークアンユーの
弟が会長を務める、Vickers Ballas Co. にヘッドハントされ、日本の
機関投資家向けにアジア株式営業をするジャパンデスクを設立する。
2002年 ING Asia Private Bank、Managing Director
ジャパンデスクの代表を務める
2010年2月 Bank of Singapore、Japan Desk/Managing Director
在シンガポール22年。
セミナー講師: 廣岡欣巳氏の略歴
1995年~2003年 テクノアソシエ米国(LA及びナッシュビル)駐在
2003年~2007年 テクノアソシエ中国(上海)駐在
2008年 ロバートリー社(米国生命保険代理店シンガポールオフィス)入社  シンガポールへ移住
2010年 LEGACY代表に就任。シンガポールで日本人向け財産管理コンサルティング事業を始める。
Jennifer Yeo 氏の略歴
Jennifer Yeo氏は、シンガポール法律界の重鎮であり、かつ、シンガポール随一と言われる法律事務所の代表。外務大臣夫人でもある。 

Jennifer Yeo is the founder and senior partner of YEO-LEONG & PEH LLC, a law firm which she set up in 1987. She became the chairman when the firm became a limited liability law corporation on 1 April 2002. It now has about 180 employees and a licensed representative office in Shanghai. Her areas of practice include banking, corporate and corporate finance and real estate. In the course of her work, she has advised and represented public and private companies, banks and individuals from all walks of life in their acquisition, financing and disposal of commercial and residential buildings, lands and development projects, public listing, asset securitisation, various aspects of banking business and operations (including lending activities), joint ventures and acquisitions and corporate agreements. She serves as independent director in a company listed on the Main Board of the Singapore Stock Exchange.

Jennifer graduated with LLB (Hons) from National University of Singapore in 1981 and with LLM in Banking Law Studies from Boston University in 1985.  She is an Advocate & Solicitor of the Supreme Court of Singapore and was called to the Singapore Bar in 1982. She is also a Solicitor of England and Wales and was admitted in 1999. She is appointed to the panel of Chairman, Disciplinary Committee by the Chief Justice under the Legal Profession Act, Singapore. She is an approved mediator of the Singapore Mediation Center She is a fellow of the Singapore Institute of Arbitrators and the Chartered Institute of Arbitrators.

Jennifer serves as a member of the Board of Governors, Raffles Girls’ Secondary School and chairs the school’s Redevelopment Committee. She is founder and director of VIVA Foundation for Children with Cancer (www.viva.sg). She also chairs the South Asia Chapter of the Urban Land, a non-profit organization based in Washington DC (www.uli.org). Jennifer is also a director of Assisi Hospice in Singapore.
 
<4月11日のレクチャー内容>
1.Bank of Singapore,Japan Desk/Managing Director 廣岡良博氏
「日本からの資産をシンガポールで有機的多面的に運用することについて。その日本からの個人資産の流入の現状とシンガポールでの運用の成果及び多面性について」

2.Singapore, Legacy International Management Pte. Ltd., Managing Director 廣岡欣巳氏
「シンガポールに於ける不動産投資、移民、長期居住、シンガポール経済全般と日本人との関わりについて、その他老後の資金とシンガポールを通じた相続税対策について」
3.Jennifer Yeo, YEO-LEONG & PEH
「シンガポール政府の世界バンキング・センターに向けた政策の現状と将来について。大国中国及びインドの狭間にて」
 
ご注意
この丸の内スクエアアカデミーは現地集合(4月10日 午前9:30)現地解散(4月11日 午後17時頃)です。
従ってシンガポールまでの飛行機の手配・シンガポール滞在の手配などは各自で行ってください。
 

以上
 
丸の内スクエア・アカデミー主宰 石角完爾
(千代田国際経営法律事務所代表 弁護士・弁理士)
東京都千代田区丸の内3-1-1
国際ビル 811号室 丸の内スクエア
Tel: 03-3231-8888
Fax: 03-3231-8881 
Website:www.marunouchisquare.com
Email:[email protected]