シンガポールの国政選挙が終了致しました。

シンガポールの国政選挙が終了致しました。与党PAPの圧勝となりましたが、87議席の定数の内6議席をWPが獲得し、野党としては過去最多の議席獲得となりました。(前回は4議席)波乱としては現外務大臣のGeorge Yeo氏の落選。先日、奥様で弁護士のJennifer Yeoさんとランチをご一緒させて頂いていただけに、個人的にもショックです。

Yoshi

Sentosa Cove

セントーサ島にあるセントーサコーブと呼ばれる超高級別荘地です。この地区は、セキュリティゲートで関係者以外の出入りが禁止されており、物件見学もプライベートバンカーや一部の関係者しか許可されていません。また、コンドミニアム(高級マンション)、バンガロー(別荘)を合わせ、3000戸しか建築許可が出ていないエリアです。入江に面する一戸建てには、それぞれプライベートヨット用のピアがあります。セントーサ島は入口にユニバーサルスタジオ、カジノ、ラグジュアリーホテル、セントーサゴルフコースと続き、このセントーサコーブが最南端となります。

バンガローは日本円で15億から25億円、コンドミニアムの方は5億円から15億円となっており、海が見える場所、静かな場所、コンドミニアムであれば更に高層階が高額物件となります。コンドミニアムは100平米(3ベッドルーム、4ベッドルーム)~250平米(ペントハウス)となっており、いずれも広いバルコニーが特徴です。特に最上階のペントハウスにはプライベートプールが備え付けられています。

Yoshi

今日、5月7日はシンガポールの国政選挙です

今日はシンガポールの国政選挙です。リークアンユー氏の選挙エリアの5議席を除く、全82議席を争う大規模な改選となります。221万人の有権者が投票所に向かいます。シンガポールの与党はPAP(The People’s Action Party)で52年間政権を守っています。これまでに野党が取った最大議席数は4議席、今回の選挙では初めて投票が行われる地区も多く、この野党の議席がどうなるのかが焦点のようです。シンガポール国民の間では、外国人・PR保持者に対する優遇策に対する不満が燻っているとの噂もあり、本日の選挙結果は非常に大きな興味が持たれています。リークアンユー氏も高齢であり、今回の選挙は氏にとっても最後の大舞台となりそうです。ただ、だからと言って、シンガポールの政策に大きな変化が起きる事は考えづらく、我々外国人にとっての興味は、現在、非常に取得が困難になっている就労ビザ・永住権などの移民政策がどのように展開されるのかに尽きます。リークアンユー氏の手腕による、シンガポールの目覚ましい経済発展、治安を含む生活環境、自然環境対策は国民の全員が認めるところでもあるでしょう。

YOSHI

海外生命保険 ② - 高齢者

日本では70歳を超えると保険に加入することが非常に難しくなります。商品的には、保険料1に対して、保険金が1という商品も販売されているようですが、これは生命保険金については被相続人一人につき500万円の控除金額があり、その分、課税対象金額を減らせる為です。これも間もなく、被相続人については未成年者、身体障害者、同居していたことなどが条件となりますので魅力が半減することになりそうです。

海外の生命保険では、健康診断を受けた上での保険会社の引受ベースとなりますが、80歳を超えても保険に加入できることがあります。通常でも70歳以上は、ほぼ問題にならないようです。もちろん、年齢の低い方に比べると保険料は上がってしまいますが、保険料と同額の保険金ということはありません。

Asia Century Fund

このファンドは、ロングオンリーなので正確にはヘッジファンドではありません。私のシンガポール人の友人がやっているファンドです。資産総額はUS4000万ドルと規模は大きくないのですが、特徴はその内の半分は彼の個人資産ということです。従って、無理をした投資は全く考えておらず、あくまでも個人にとって安全で最適な投資が謳い文句です。キャッシュの割合も15%程度と多めに取ってあります。日本を除くアジア株に投資しています。ファンド設定以来のパフォーマンスは13年間で200%、年換算すると5.5%の複利ですから、預貯金に比べれば良いと言った程度のものですが、派手なパフォーマンスを振りかざすファンドよりは、逆に安心感はあります。最低口数はUS10万ドル、購入手数料はゼロです。

Yoshi

リスク分散

今回の東日本大震災と福島原発事故は、東京に一極集中することによる危険性・脆弱性を露呈した結果になったのではないか。行政、生産、流通、電力、金融まだ他にもあるかもしれないが、一時的にせよ(現在未だに影響を受けている分野もあるが)日本のシステムダウンが起きた事は否めないと思う。リスクの評価、分散、対応、見直しは、これから非常に大切に感じる。

同じ事は、個人の資産管理にも言える。日本円をさらに日本にのみ置いておくリスクは十分検討されるべきであり、資産の一極集中は、個人の問題としてだけではなく、最終的には国益をも損なう可能性が非常に高いと考える。政治家・官僚は国外への資産流出については非常に神経質になると思われるが、我々にとって大切な事は政治家・官僚を守る事ではなく、日本を守る事である事を十分肝に銘じたいと思う。

Yoshi

サティア・サイ・ババ

2011年4月24日、84歳で死去。

* カーストはただ一つ、それは‘人類’というカーストである。
* 宗教はただ一つ、それは‘愛’という宗教である。
* 言語はただ一つ、それは‘心’という言語である。
* 神はただ一つ、だが遍在している(どこにでもいる)。
* 万人を愛し、万人に奉仕せよ。
* 常に助け、決して傷つけてはならない。
* 愛に理由は無い。愛は時を選ばず。生じることも滅びることも無い。

By Yoshi

住友信託銀行とDBSの提携

2011年5月6日付けで、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の住友信託銀行と、シンガポール最大手のDBS銀行(シンガポール開発銀行)の提携が発表されました。DBS銀行は東南アジアで最大規模の資産を持つ銀行で、中東・中国を含む15カ国、200以上の拠点で事業を展開しています。DBS銀行はリテールの部分でPB部門も持っており、日本人顧客も多いと聞いています。