シンガポール銀3行の時価総額、一部の欧州大手行上回る

29日付のシンガポール紙ストレーツ・タイムズによると、DBS(シンガポール開発銀行)、OCBCバンク(華僑銀行)、UOB(大華銀行)の同国大手3行の株価は8月以降、平均25%下落したが、世界の大手行であるソシエテ・ジェネラルやクレディ・アグリコル、米バンク・オブ・アメリカ、コメルツバンクはほぼ半値に下落し、シンガポール大手3行の時価総額は、欧州大手行を上回った。